命の色鉛筆

今日、たまたま自販機の前を歩いていたら、いつの間にか「HOT」の棚が!!!
もう本格的に秋ですね♪
秋好きの僕とって、最高のシーズン到来です。。。
最近、ある絵本を読みました。
「命の色鉛筆」
10歳で難病に侵された女の子の詩集です。
右手が麻痺しているので左手でがんばってかいた詩集と絵でした。
歳をとったせいでしょうか、どうにもこうにも泣けてきて、しばらくうごけませんでした。
秋の夜長・・・いろんな事をゆっくり考えられる時期です。
生きていること、生かされていること、それを素直に感謝しつつ、これからの自分の進むべき道をゆっくりと考えて見たくなりました。。。
とりあえず来週あたり、川沿いで七輪を前に、のんびり秋を感じながら、与えられた環境をしみじみかみ締めてみたいと思います。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です