本末転倒

今、夕方5時から再放送で「白い巨塔」がやっています。
大学病院を舞台に、いろんな人間模様が垣間みえてなかなかおもしろいですネ。。。
うちのお客様にも大学病院で勤務されているドクターが多数おられます。
ドラマを見ながら、あるドクターが最近の医療実態について嘆いておられたのを思い出しました。
最近は「攻めの医療」が出来にくくなってしまったと・・・
どんな治療にも多かれ少なかれリスクはかかります。しかしそのリスクを恐れていては医療は衰退してしまうと。
ただ、今の実態は、患者さんにすべての選択肢を説明し、それを患者さん自ら決めていただくそうで。。。たとえばAの処置なら成功率9割、Bなら6割、Cなら3割だが成功すると完全に社会復帰できる・・・さあ、どれにしますか?
つまり医療裁判などで医者が訴えられるのをあらかじめ阻止できるよう、安全策をとっているんですね。。。う~ん、ややこしい。。。
個人的にいえば「本末転倒」そう、悪循環ですね・・・
命を救いたいと一生懸命だが、仮に失敗するとたたかれる。。。
だったらこの選択肢から選んでもらおう。後は仕事としてこなすだけ・・・
死なせはしないが活かしもしない。
極論ですが、そんな空気があるんじゃないかと。。。極論ですが。。。
「先生、専門的なことはわかりません。ただ、あなたにすべてを任せます。」
「わかりました。必ずあなたを活かしてみせます!」
理想ですが、そんな空気、欲しいですね。。。
そういえば、先日、日本の調査捕鯨船が反捕鯨団体に攻撃されました。
「クジラの為ならなんでもする!」
地球上では4秒に一人、飢えで死んでいます。。。
悲しいくらいの「本末転倒」ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です